カテゴリ:設定関係
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

プロフィール

島守・由衣

Yui Shimamori

■容姿
やや茶みがかった黒髪に、白い肌。
髪の長さは胸上ぐらいまでのセミロング。
毛先にややシャギーを入れて軽めにし
前髪は分けて左目側に多く横に流している。
瞳はぱっちりとした、大きめで力強い瞳。

スタイルは太くもなく細くもなく、ごく普通。
胸の大きさも程々。B(何が)

服装はモノトーンやシンプルな物を好む。
アクセサリー類には無頓着な方だが、最近は興味が出てきたよう。
露出はあまり好まないが、多少のチラリやミニスカは好き。
高校制服のスリット&オーバーニーもお気に入り。

■性格
明るく物怖じしない性格。細かい事は気にしない。
誰にでも気さくに話し、相手の見かけだけで人を判断することはしない。
良く言えば愛想が良い、悪く言えば八方美人。
ただ、目上の人や年長者にはきちんと敬意は払う。
特にご老人には気を遣う。

大変なおじいちゃん子。祖母の事も大好き。
仕事で不在がちな両親に代わり
ほぼ祖父母に育てられたようなもののためか
やや古めかしい物の考え方をする。
会話のネタ等も微妙に古い所があったり。

楽しい事が何より好きで、面白そうな事があれば即実行。
趣味は読書と散歩、お喋りする事など。

■背景
鎌倉で古本屋を営む家に生まれる。
家族は父・母・祖父・祖母・由衣の5人暮らしだが
父は起業して古本屋チェーン店の経営者をやっており
母も父に同行しているため、両親は家を留守にしがち。

能力者への覚醒のきっかけとなったのは
祖父が蔵書として持っていた魔道書が「読めた」事。
そのまま魔道書を読み、魔法を身につけていた。
多くは語ってくれないが、祖父母は能力者であったようで
銀誓館学園の入学書類も、おそらく祖父母が手回ししたのだと思われる。

■感情
(2006/12 現在。敬称略&無断にてご容赦を)

九重・陽菜(b04853)
一番信頼のおける友人。親友(あくまで自称)
容姿の違いが激しすぎるせいか、どう見ても同い年には見えない(笑)
愛時・魔王(b07773)
所属結社の友好結社、「早朝ごみ拾い団」の団長。
どこが不良なんだかさっぱりだけど、面白いと思っている(笑)
佐倉井・小都(b08137)
「早朝ごみ拾い団」団員。GTでお世話になっている。
もう少し接近したいかな、猫姿でごろごろしたい(笑)
瀬良・雪鳴(b08019)
所属結社、「ガレージ雪処」の団長。
面白い団長さん。憎からずは思うが…?

全体的に小都の真似っこ…みたい?
まだちょこちょこと修正が入る…かもしれない。
スポンサーサイト
21:32 | 設定関係 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。